共同研究

<< 共同研究

オーソライズドジェネリック(AG)がジェネリック普及に与えている影響の効果検証


[慶應義塾大学]
中嶋 亮 研究室

共同研究の背景

当社では、医療ビッグデータ事業において、保険者のジェネリック医薬品普及に対する医療データ分析および加入者の行動改善に関するご提案を実施しております。厚生労働省では「2023年度末までに全ての都道府県でジェネリック医薬品の使用割合80%以上」を目標と掲げていますが、現在もなお80%に届いていない保険者のお悩みの声をいただいております。
この状態に有効な施策を検討するべく、当社は慶應義塾大学 経済学部 中嶋 亮 教授協力のもと、病院および調剤薬局の診療報酬データからオーソライズドジェネリック(AG:先発医薬品メーカーが開発したジェネリック医薬品)が、ジェネリック医薬品普及に与える影響に関する共同研究を開始いたしました。
なお、本共同研究に使用するデータは、利用に関してデータ提供元保険者から許諾を得ております。

研究の詳細

当社が保有する匿名化された700万人以上のレセプトデータ(医科、DPC、歯科、調剤)から、患者に処方された医薬品データを分析し、AGと先発医薬品の使用率の関係を調査します。その結果からジェネリック医薬品の使用割合を増加させるための施策を仮説検証し、各種保健事業への導入や、ジェネリック医薬品普及に関する新規商材開発の検討を進めてまいります。なお、2023年春を目途に本研究内容の学会発表および研究論文発表を予定しております。

※研究成果は随時更新予定です。

関連外部リンク


中嶋 亮 -Ryo Nakajima-

慶應義塾大学 経済学部 教授

1994年 京都大学農学部農林経済学科卒業
2004年 ニューヨーク大学経済学部博士課程修了(Ph.D. in Economics)
応用計量経済学を専門としており、2018年に日本経済学会石川賞を受賞。
社会的相互作用の実証分析を研究テーマとして、人々が市場を超えたチャンネルで互いに影響しあうメカニズムと、その相互作用から発生する外部経済性についてデータでの検証を行ってきた。

>> 研究者ホームページ

▼ Webでのご説明も可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。