1. HOME
  2. お知らせ
  3. レポート
  4. 【最新情報】3ヶ月で既に2倍以上!劇症型溶連菌が猛威を振るう今、ビッグデータから実態を解明

お知らせ

レポート

【最新情報】3ヶ月で既に2倍以上!劇症型溶連菌が猛威を振るう今、ビッグデータから実態を解明

当社(日本システム技術株式会社 以下、JAST)では、独自に保有している匿名化済の診療報酬明細書(以下、レセプト)データを中心としたメディカルビッグデータ「REZULT」を基に、調査を行っています。

今回のレポートでは「劇症型溶血性レンサ球菌感染症(STSS)」をテーマに調査いたしました。

劇症型溶血性レンサ球菌感染症(以下、劇症型溶連菌)は、一般的な溶血性レンサ球菌(以下、溶連菌)がまれに引き起こす重篤な感染症です。劇症型溶連菌は突発的に発症し、短時間でショック症状や多臓器不全を引き起こすことがあり、その死亡率は約30%と報告されています。発症には様々な要因が考えられますが、重篤化する原因はまだ解明されていません。

2024年7月現在、劇症型溶連菌は新型コロナウイルスと同様に5類感染症に分類されており、医療機関は感染者が発生した場合、近くの保健所へ届け出を行う必要があります。

溶連菌は小児をはじめ、多くの方に馴染みのある病名です。最近のニュースでは、2023年および2024年に溶連菌が劇症型溶連菌へと発展する事例が増加していると報じられています。本レポートでは、劇症型溶連菌についての理解を深めるために、レセプトデータを用いて患者数を抽出し、時系列の傾向や患者の特徴について調査結果をまとめました。

【集計条件】
調査対象:JASTの保有するレセプトデータ(約900万人 2024年7月時点)の内、2017年1月~2024年3月診療、傷病名コード「8841180:連鎖球菌感染症」「8845555:劇症型A群連鎖球菌感染症」

< 目次 >
1.年別患者数の推移
2.2023-2024年の変化

1.年別患者数の推移

2019年から2023年までの溶連菌患者数を年別に算出しました。グラフには、溶連菌患者数と劇症型溶連菌患者割合を示しています。溶連菌は感染症の一つであり、コロナ禍が始まった2020年には減少しましたが、2023年には再び増加しています。また、溶連菌患者数に対する劇症型溶連菌患者割合(※)は5年間で変動があるものの、およそ3%を維持しています。溶連菌患者数の増加は劇症型溶連菌患者数の増加にも繋がるため、現在の増加傾向に対して、手洗いなどの予防対策を徹底することが重要です。

※溶連菌患者数に対する劇症型溶連菌患者割合 = 該当する年について「劇症型溶連菌患者数」÷「溶連菌患者数」×100(%)

2.2023-2024年の変化

最近のニュースでは、劇症型溶連菌患者数の増加が連日報道されています。当社データでも、この傾向を調査した結果が以下の通りです。

2023年1月から6月までの6ヶ月間と、2024年1月から3月までの3ヶ月間において、劇症型溶連菌の患者数を調査しました。その結果、2024年の3ヶ月間の患者数は、すでに2023年の6ヶ月分の患者数の2倍以上に達していることが分かりました。国立感染症研究所が7月1日に更新した「国内における劇症型溶血性レンサ球菌感染症の増加について(2024年6月時点)」におけるA群溶血性レンサ球菌感染症の発生動向とも似通っており、2024年の感染者数増加が過去に類を見ないものであることが示されています。

今回はレセプトデータを用いて、溶連菌および劇症型溶連菌の患者数を抽出し、その傾向を調査しました。その結果、2023年および2024年に感染者が増加していることが判明しました。これらの溶連菌感染を防ぐためには、他の感染症と同様にこまめな手洗いなどの衛生管理、飛沫感染を防ぐ意識、そして傷口を清潔に保つことが重要です。

次回の調査では、当社のデータベースを活用し、劇症型溶連菌患者の特徴について詳しく調査を行います。今回のレポートおよび今後の報告を通じて、皆様に劇症型溶連菌に対する理解を深めていただけるよう、有益な情報を提供してまいります。

当社のメディカルビッグデータ「REZULT」については >>こちら

今後とも当社のメディカルビッグデータの分析を通じて、医療の発展に貢献できるような研究レポートを発信してまいります。レポートについて、気になる点、詳しく知りたい点などがございましたら、下記お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。また、データ利用についてのお問い合わせもお待ちしております。

【関連情報】(本レポートは下記情報を参考にして作成されています)
厚生労働省 劇症型溶血性レンサ球菌感染症(STSS)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000137555_00003.html
国立感染症研究所 国内における劇症型溶血性レンサ球菌感染症の増加について (2024年6月時点)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/tsls-m/2655-cepr/12718-stss-2024-06.html
社会保険診療報酬支払基金 基本マスター
https://www.ssk.or.jp/seikyushiharai/tensuhyo/kihonmasta/

お問い合わせ – JAST Lab